「髪の毛から生乾きの匂いが…」臭いを消すための対策はコレ!

「髪の毛から生乾きの匂いが…」臭いを消すための対策はコレ!

突然ですがお風呂からあがって「髪の毛から生乾きのような匂いがする」なんてことはありませんか?

 

もし「私のことかも」と思った方はご安心ください。女性の一定数の方が頭の生乾きの匂いに悩まれています。

 

女性は子育てや仕事で多忙になりがち。「今日は疲れたからムリ…」「つい髪の毛の乾燥をサボってしまった」なんてこともめずらしくありません。

 

今回は、髪の生乾きの匂いに関して、生乾きになる原因や生乾きにすることによるデメリット。さらに生乾きへの対策をご紹介します。

 

 

頭から生乾きの匂いがする原因

 

結論から言います。生乾きの匂いの原因は『菌』の繁殖が原因なんです!

 

もともと頭皮には『常在菌』というものが生息してます。私たちはシャンプー時にシャワーで髪を濡らしますが、濡れた髪は、温度と湿度が保たれることで、繁殖しやすい環境になってしまします。

 

お風呂からあがった後、すぐに乾かしていれば問題ないですが、頭皮を濡れたままにしておくと頭皮の温度が下がり血行が悪くなってしまいます。頭皮の血行が悪くなれば頭皮環境が悪化。菌が繁殖してしまい臭くなってしまうワケですね。

 

また十分に乾かしていないのも問題。ササっとタオルで水気を拭きとるだけやドライヤーで適当に乾かすのはNG。生乾きの原因になります。

 

髪が生乾きのままだとこんなデメリットが!

 

髪が生乾きのままだと様々なデメリットがあります。大きく分けて以下の三つに分かれます。

匂いがきつくなる

すでにお伝えした通り、生乾きのままだとまず匂いがきつくなるのを感じます。

 

シャンプー後にドライヤーで十分に乾かしていないと生乾きの匂いがきつくなり、ほっておくとさらに匂うようになります。

 

部屋干ししている洗濯物を想像してみてください。太陽が照ってる外とは違いジメジメしてる室内だと「ぷーん」と匂いがしますよね?これが頭で起こってるのです。

 

ジメジメした環境は菌が住みやすい環境。増殖していき匂いがきつくなるんですね。

 

髪の毛が傷みやすくなる

生乾きのままでいると髪が傷みやすくもなります。

 

詳しく言うと『キューティクルが開いて髪が傷む』状態になります。キューティクルとは髪を覆ってるバリアのこと。髪が濡れてる状態だとこのバリアに隙間ができてしまいます。

 

キューティクルが開いてバリアに隙間ができる状態が続くほど、髪にダメージを受けやすくなります。つまり生乾きのままでいると、髪の毛が傷みやすく危険だと言うワケですね。

 

また『キューティクルが開いてる状態』だと髪の成分や栄養分が出てしまいます。これは髪染めやカラーリングをしても成分が落ちやすくなってしまうというデメリットもあります。

 

頭皮がかゆくなる

髪が生乾きだと菌が増殖しかゆくもなります。

 

雑菌が増えると頭皮の環境が悪くなりかゆみが引き起こされ、場合によっては大量のフケが出ることも。かゆさにイライラしさらにストレスがたまりかゆくなる…という悪循環になります。

 

生乾きしない正しい頭の乾かし方

 

お風呂からあがった後、以下のとおりに正しく髪を乾かすことで生乾きの匂いを防ぐことができます。

 

まず乾かす前に

 

まず乾かす前に洗面所のような湿度が高い場所だと髪が乾きにくいのでほかの部屋へ移動するのがいいです。

 

さらに乾かす前に目が粗いクシをあらかじめ用意し、髪を整えると同時に水分を取りましょう。次に髪全体を優しくタオルで拭きます、くれぐれもゴシゴシ激しくこするのではなく優しくです。

 

タオルは体をふいた状態のものを併用せず、新しいタオルを使いましょう。ある程度水分を拭き取ったら再びクシで髪を整えれば準備はバッチリです。

 

ドライヤーで乾かす

いよいよドライヤーで乾かしていきます。この時下からドライヤーをあてると髪のキューティクルが開いてるところが傷つく恐れがあります。なのでなるべく髪の根元から毛先に風が行くようにドライヤーをあてるのがおすすめ。

 

また同じ箇所にずっとドライヤーをあてるのではなく、まんべんなく風がいくよう散らしていくのがおすすめ。早く乾かしたいがために一部の頭皮に高温の熱を浴びせると、頭皮ダメージの原因となるからです。ダメージを受けないため最低10㎝は離してドライヤーしてください。

 

また「髪が長くてなかなか乾きにくい」という方はタオルをかけてドライヤーをするのがおすすめ。
こうすることで熱によるダメージも受けにくくタオルが水分を吸収してくれるので効率よく乾かすことができるでしょう。

 

きちんと乾かしたのにまだ生乾きの匂いがする場合は?

 

正しく乾かしているのにも関わらず、まだ生乾きの匂いがするという方はシャンプーがあってないのかもしれません。

 

私は長年、ひどい頭皮臭に悩まされた過去があり、何とかするべく正しくシャンプーをし、朝晩二回と回数を増やしたり努力しましたが一向に頭皮のニオイはとれず…。

 

いきついた答えがシャンプーを変えること。市販のシャンプーから、ネットで購入できるアミノ酸シャンプーにすることで頭皮のニオイをなくすことに成功しました。

 

市販のシャンプーを否定するわけではありますが、市販シャンプーには皮脂の汚れをスッキリ流すために、「ラウレス硫酸」や「ラウリル硫酸」などの人間の体に刺激的な「硫酸」系成分を含むものが多数あります。

 

これらはスッキリ洗い流してくれるのはいいですが、人によっては頭皮のバリアまでも流してしまう恐れがあります。こうなると頭皮環境が乱れ、臭くなってしまいます。

 

市販シャンプーは安くて洗い心地もスッキリしてますが、特に「ずっと生乾きの匂いがする」ような環境に問題を抱えている方には悪影響になる可能性は高いです。

 

その点『アミノ酸シャンプー』は体に優しい成分のみで作られたシャンプー。高い洗浄力を保ったうえで使い続けることで頭皮環境を良くしてくれます。

 

アミノ酸シャンプーに買い替えることできっと「生乾きのニオイ」を改善することができるでしょう。

 

頭皮の臭いに悩んだ私が選び抜いたシャンプーをこちらで紹介しています。
頭皮の臭い女性に効くおすすめシャンプー!湿疹・乾燥・かゆみ・ニキビもケア!

 

頭皮の臭いに悩んだ私が実際使って納得できたものばかりなので安心してお選びください。

トップへ戻る